化成肥料の種類をわかりやすく解説!目的に合わせたおすすめの使い方まとめ

スポンサーリンク
土作り・肥料について

こんにちは!

30代脱サラ農家の
りょーです。

今日も農業に関する情報を
わかりやすくご紹介します。

さて今回のテーマは

化成肥料の種類

についてです。

初心者でも使いやすくて
効果を感じやすい化成肥料。

農作物を育てる上で
大助かりの化成肥料ですが
販売店やネット上でパッケージを見ると
8-8-8とか10-10-10等、多数の種類が
存在することがわかります。

毎回のことですが、

一体どれがおすすめ?

と化成肥料選びに迷うので。

今回は 化成肥料の種類を簡単に
まとめてみることにしました。

また化成肥料の目的に合わせた
おすすめの使い方もまとめているので
今後の参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

化成肥料の種類をまとめてみた!

それでは早速、
化成肥料の種類について
ご紹介すると化成肥料は主に

  1. 普通化成肥料
  2. 高度化成肥料

の2種類が存在します。

この2つ種類の違いは何なのか?
名前からなんとなくイメージできますがw

その答えは

肥料の3要素の成分含有率の違い

になります。

 

普通化成肥料とは?

普通化成肥料は
肥料の3要素である

  • 窒素
  • リン酸
  • カリウム

配合合計が15~30%

の化成肥料のことを言い、
一般的に家庭菜園や農業で
使用されることが多い肥料になります。

例)8-8-8など

created by Rinker
¥4,287 (2022/06/30 20:54:39時点 楽天市場調べ-詳細)

 

高度化成肥料とは?

一方、高度化成肥料の肥料3要素の

配合合計が30%以上のもの

を言います。

名前の通り、
肥料の3要素の成分が
たっぷり含まれている肥料なので
普通化成肥料に比べ植物に大して効き目が
早いのは言うまでもありません。

例)14-14-14

ちなみに化成肥料が普通か高度かは
肥料の3要素の含有率を足し算すると
わかります。

  • 8-8-8の場合は24%
  • 14-14-14の場合は42%

って感じです。

DHC 高度化成 14-14-14 20kg (オール14) 赤城物産

 

目的に合わせた使い方について

普通と高度、
2種類ある化成肥料ですが
一体どちらを使えばいいのか?
目的に合わせた使い方について
簡単にご紹介すると

  • 普通は追肥、元肥
  • 高度は追肥

になります。

農作物により普通と高度の使い方は
異なりますが概ね、この認識でOKです。

普通化成肥料は
肥料の3要素が15-30%と低い為、
過剰に散布しても植物へのトラブルが低く
追肥、元肥どちらにも適してます。

一方、高度化成肥料は
普通化成肥料(8-8-8-)の約2倍と
濃い肥料成分を有しているので元肥として
使用すると散布ムラにより植物の生育不良、
肥料やけを起こすことがあります。

普通と高度では
肥料成分が大きく違い、
また速効性も大きく変わりますが、

安全に化成肥料を使用してきたい!

のであれば 普通化成肥料を
使っていきましょう。

 

まとめ

 

化成肥料の種類について
まとめてみましたがいかがでしたか。

最後に化成肥料を施肥する時に
押さえておきたいポイントを
申し上げますと

バランスよく

を覚えておいてください。

化成肥料は有機肥料と違い、
速効性に優れている肥料ですが、

  • 肥料やけ
  • 土壌改良ができない

といったデメリットがあります。

化成肥料のメリットとデメリットをまとめてみた

なので化成肥料を使う場合は、
化成肥料のデメリットを理解した上で
土壌や有機肥料の施肥とのバランスを
取りながら使用していきましょう。

今回の化成肥料の種類について
簡単にまとめると

・種類は普通、高度
・使い方は元肥、追肥
・ポイントはバランスよく

になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

農業に関する疑問やお悩み、
その他ご質問・コメント等が
ありましたらお気軽に下記よりご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました